スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Compact Menu Box

ラモス監督会見全文


J2リーグ 第1節 
FC岐阜対カマタマーレ讃岐 岐阜メモリアルセンター長良川競技場(2014.03.02sun 13:05キックオフ)

天候:晴、弱風 
気温:16.0℃
湿度:55%
入場者数:11,069人
マッチコミッショナー:玉井朗
主審:窪田陽輔
副審:関谷宣貴 秋澤昌治
第4の審判員:日比野真
試合結果:FC岐阜 3 - 1 カマタマーレ讃岐
得点者:32' 難波宏明(岐阜) 51' ナザリト(岐阜) 62' 高地系治(岐阜)
    65' 我那覇和樹(讃岐)


以下、FC岐阜ラモス監督の試合終了後会見全文です。
文末や「てにをは」でおかしなところが多々ありますが、そのままにしました。
また、特に言葉の語尾などで聞き取れない個所や、聞き違いの箇所もあるかもしれませんが、
なるべく聞こえた通りに掲載します。
言葉としてわかりにくかったり、文意がおかしなところは自分で修正してお読みください。

ラモス監督は会見場に入ってきた時からご機嫌斜めの様子がありありと出ていました。
だけどしゃべっていく間に自分の言葉に小さく興奮したり、(しゃべりに)興が乗るといった感じも受けました。

これは私の想像ですが、見るからにご機嫌斜めにしているのは、マスコミを通じて選手に伝わることを多分に意識しているからではないでしょうか。

時には吐き捨てるように、時間が経つにしたがってだんだんと早口になり、時にはまるで漫才の一場面のようなしゃべりで人を逸らしません。
文章にすると言葉の関係で違和感を受ける場面もあるかもしれませんが、どうかラモス監督の声やしゃべり方を想像しながら読んでみてください。
怒ってはいますが、率直に言って面白いです。

なお、私の質問に限り、質問の前に名前を記載していますが、他の方もルール通りすべて所属と名前を名乗ってから質問しています。




MORE »

Compact Menu Box

第3回 FC岐阜会議 (2013年12月15日 於:アクティブG)

12/15(日)FC岐阜サポーターの交流会「FC岐阜会議」
[イベント概要]
 イ ベ ン ト 名: G5“オフも”FC岐阜会議 アクティブGラウンド
 主 催: FC岐阜
 協 力: gol. japan 、アクティブG(森ビル都市企画株式会社)
 日 時: 2013年12月15日(日) 14:00〜15:30  会場:13:30~
 開 催 場 所: アクティブG 3Fアートリビング
参  加  費: 無料・事前申込不要
 パ ネ ラ ー: 
          内記淳司 氏(FC岐阜サポーター団体“県職員サポーターズ”事務局長)
          藤原一浩 氏(FC岐阜サポーター団体“蝮”代表)
          ミカミカンタ 氏(フリーライター) 
          FCG aka gol.マン(サプライヤー・gol.スタッフ)
          大塚直哉 (FC岐阜クラブスタッフ・事業本部長)
 内     容: 
          ①オープニング
          ②パネラー自己紹介(各1分)
          ③『Jリーグクラブの現状とFC岐阜のもつ可能性』(10分)<ミカミ氏>
          ④『FC岐阜の現状と来シーズンに向けて』(5分)<大塚>
          ⑤ディスカッション『サポーターにできること』(70分)
          ⑥クロージング

参加希望者は当日アクティブG 3Fアートリビングまでご来場下さい。
席に限りがございますので、先着順のご案内とさせていただきます。満席の際は立ち見となりますので予め
ご了承ください。
※イベントの模様はUstreamを使用し生中継いたしますので会場までご来場いただけない方はtwitter等でご参加下さい。
>>USTREAM中継 http://goo.gl/xy6xOK
>>twitter ハッシュタグは #FC岐阜会議 でご参加下さい。

“G5”の名の下に集まった5つの立場の人々がFC岐阜の未来を考える。
『2013FC岐阜クリスマスフェスタinアクティブG』を開催する12月15日(日)にFC岐阜ユニフォームスポンサー“アクティブG”(JR岐阜駅ビル)にて、FC岐阜サポーターを対象としたサポーター参加型交流イベント「G5“オフも”FC岐阜会議 アクティブGラウンド」を開催いたします。
第3回目となるFC岐阜会議はG5。
FC岐阜に関わる5つの立場の人々「クラブスタッフ」、「フリーライター」、「サプライヤー」、「サポーター」、「当日会場まで来る事が出来ないサポーターや他クラブのサポーター」がそれぞれの立場からFC岐阜の未来を考え、建設的な意見を出し合う会議を行います。
今回は主だったサポーター団体の方とJクラブ事情に精通したライターにお越しいただき、クラブから『FC岐阜の現状と来シーズンに向けて』をご報告・共有すると共に、『サポーターにできること』等をテーマに、これからのFC岐阜を皆様と共に考える場といたします。

FC岐阜サポーターの皆さん、是非ふるってご参加下さい。

http://www.fc-gifu.com/news/1215-1.html

------------------------------------------------------------------------

資料①
J2入場者とFC岐阜の推移 2009年~2013年(Jリーグ公式データより)

【1999年】10クラブ
試 合 数:180
入場者数:827,217
平  均:4,596

【2000年】11クラブ
試 合 数:220
入場者数:1,340,820
平  均:6,095

【2001年】12クラブ
試 合 数:264
入場者数:1,505,722
平  均:5,703

【2002年】12クラブ
試 合 数:264
入場者数:1,806,392
平  均:6,842

【2003年】12クラブ
試 合 数:264
入場者数:2,084,185
平  均:7,895

【2004年】12クラブ
試 合 数:264
入場者数:1,904,172
平  均:7,213

【2005年】12クラブ
試 合 数:264
入場者数:1,975,340
平  均:7,482

【2006年】13クラブ
試 合 数:312
入場者数:1,998,648
平  均:6,406

【2007年】13クラブ
試 合 数:312
入場者数:2,034,543
平  均:6,521

【2008年】15クラブ         【FC岐阜Jリーグ加盟・ホーム試合】
試 合 数:315            試 合 数:21
入場者数:2,227,570         入場者数:78,650
平  均:7,072           平  均:3,745

【2009年】18クラブ
試 合 数:459            試 合 数:25
入場者数:2,903,607         入場者数:107,557
平  均:6,326           平  均:4,302

【2010年】19クラブ
試 合 数:342            試 合 数:18
入場者数:2,290,082         入場者数:55,950
平  均:6,696           平  均:3,108

【2011年】20クラブ
試 合 数:380            試 合 数:19
入場者数:2,440,695         入場者数:78,273
平  均:6,423           平  均:4,120

【2012年】22クラブ
試 合 数:462            試 合 数:21
入場者数:2,681,881         入場者数:89,676
平  均:5,805           平  均:4,270

【2013年】22クラブ
試 合 数:462            試 合 数:21
入場者数:3,079,181         入場者数:95,032
平  均:6,665           平  均:4,525

TITLE:Jリーグ - 公式記録
URL:http://www.j-league.or.jp/SS/jpn/j2data/20130200_1_W0810_J.html
----------------------------------------------------------------------------------
資料②
Jライセンス(2014年シーズン) 2013年9月30日 Jリーグ発表(フットボールチャンネルより抜粋引用)

J1ライセンス36クラブ、J2ライセンス7クラブに対してクラブライセンス交付第一審機関(FIB)が発行。
・3期連続の当期純損失(赤字)を計上していないこと(2012年度-2014年度の3年間以降で算定)
・債務超過でないこと(2014年度から算定) 以上の条件を満たせなければ、Jリーグから退会
財務面でJリーグから何らかの指摘を受けたクラブは18クラブで、以下は自己資本比率がマイナスのクラブ。
指導には「是正通達」と「個別通知」があり「是正通達」の方が重い指導。
経営の安定性を示す自己資本比率(=((総資本-他人資本)÷総資産)×100)
一般に15%を切ると危険水域と言われる。以下の9クラブは一般的な企業に当てはめればいつ倒産してもおかしくない状況。

●コンサドーレ札幌
J1ライセンス 是正通達
自己資本比率-4.9%

●栃木SC
J1ライセンス 是正通達(前年「個別通知」より悪化)
自己資本比率 -35.2%

●ザスパクサツ群馬
J1ライセンス 是正通達
自己資本比率 -79.1%

●横浜F・マリノス
J1ライセンス 是正通達
自己資本比率 -341.5%

●FC岐阜
J2ライセンス 是正通達
自己資本比率 -240.0%

●ヴィッセル神戸
J1ライセンス 是正通達
自己資本比率 -158.9%

●ギラヴァンツ北九州
J2ライセンス 是正通達
自己資本比率 -21.0%

●ロアッソ熊本
J1ライセンス 是正通達
自己資本比率 -54.2%

●大分トリニータ
J1ライセンス 是正通達
自己資本比率 -286.3%

TITLE:経営面ではレッドカード!! 財政難のJリーグ | フットボールチャンネル
URL:http://www.footballchannel.jp/2013/10/07/post9283/
-----------------------------------------------------------------------------------
資料③
2012年度FC岐阜の損益総括とJ2平均(Jリーグ公式より)※単位:百万円

<FC岐阜>決算月:2013年1月期       <J2平均>
●営業収益:528                  936
 広告料収入:193                451
 入場料収入:73                 154
 Jリーグ配分金:100               94
 アカデミー関連収入:32             50
 その他収入:130                187
●営業費用:568                  906
 チーム人件費:212               363
 試合関連経費:46                80
 トップチーム運営経費:75            121
 アカデミー運営経費:18             34
 女子チーム運営経費:0              5
 販売費および一般管理費:217          304
●営業利益:▲ 40                 30
 営業外収益:0                  6
 営業外費用:9                  11
●経常利益:▲ 49                 25
 特別利益:0                   11
 特別損失:0                   2
●税引前当期利益:▲ 49              34
●法人税および住民税:0              7
■当期純利益(損失):▲ 49            27

TITLE:Jリーグ - Jクラブ個別経営情報開示資料
URL:http://www.j-league.or.jp/aboutj/document/pdf/club-h24kaiji.pdf




Compact Menu Box

  蹴 球 幻 想



幻想ですよ、何もかも。
どんなに声からして応援したって、必死の思いで遠征費稼いでアウェイに駆けつけたって、選手もクラブのスタッフも、ついでにリーグの人たちも、応援されている人たちは誰ひとりそんなことを考えちゃくれない。
「勝手に好きでやってるんだろ」ってなもん。
それが彼らの本音。
そんな彼らに私は声を大にして言いたい。
「その通り!」と。
だから幻想なんです、はい。

MORE »

Compact Menu Box

   J1リーグの2ステージ+ポストシーズン制のこと



9月17日(火)、14時からJFAハウス内で行われた2013年度第9回Jリーグ理事会にて、2015年シーズンからのJ1リーグ大会方式変更が決定し、報告された。

変更後の大会方式は以下の通り。

■[形式]
18クラブによる2ステージ制リーグ戦および、スーパーステージ(SS)とチャンピオンシップ(CS)。

■[リーグ戦]
各ステージ1回戦総当たりのリーグ戦。両ステージでホーム&アウェイとなる。各ステージ17節、153試合(両ステージ合計306試合)。年間勝点1位のクラブはCSへ、各ステージ1位・2位クラブはSSに進出。

■[SS]
各ステージの上位2クラブによるノックアウト方式のトーナメント戦。
1stステージ1位と2ndステージ2位、2ndステージ1位と1stステージ2位で1回戦を行い、勝利クラブが2回戦に進出。2回戦の勝利クラブがCSに進出する。

■[CS]
年間勝点1位のクラブと、SSの勝利クラブによる年間チャンピオン決定戦(1試合)。

<注>
リーグ戦の試合会場は原則として各クラブのホームスタジアム。
クラブが重複する場合や、SS、CSの試合会場、年間順位の決定方法等については決定次第発表。


この決定については冒頭の理事会で承認され、正式に最終決定されたわけだが、私の思うことをつらつらと書いてみよう。

MORE »

Compact Menu Box

AC長野パルセイロのこと (番外編)


3月10日の朝、私は川崎フロンターレのサポーターグループ「川崎華族」の初代代表だった砂田淳と連れ立って長野までの新幹線に乗り込んだ。
彼の母親の実家がパルセイロのホームスタジアム南長野総合球技場のすぐ近くにあり、その縁もあって彼は昨年から何度かパルセイロの試合を見ていたのだ。
今回、私が招かれて長野に行くことになり、開幕戦でもあることだし、一緒に行こうということになった。

新幹線の車中、砂田からパルセイロのことについて彼が見て感じたことを話してもらった。
内容としては、ゴリゴリ行く粗削りながらも魅力的なサッカーをすることであったり、サブでありながら途中出場でテクニカルなプレイを見せる砂田の好きなタイプの田中恵太のことであったり、はたまた「あのスタジアム、なんかいいんすよね~」であったり。
彼は川崎生まれの川崎育ちで、今もフロンターレサポーターでありながら、パルセイロのことが気に入っているらしかった。
監督が薩川了洋から美濃部直彦に変わったとはいえ、私は砂田がサッカーをとても好きで、国内外を問わずいろいろと見て知っていることを十分にわかっているので、はじめて見るパルセイロのサッカーに内心で大きな期待を持ち始めていた。

しかし、それとは別の面で気になっているところがないわけではなかった。

MORE »

Compact Menu Box

«  | HOME |  »

TOP

MENU

NEW↓

0609051303150315031303031214092609200314

COM↓

TB↓

ALL Adm

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。